埋戻事業の概要

埋戻し材 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年12月25日法律第137号)で定める産業廃棄物以外で、建設工事から発生する土砂(以下「建設発生土」という。)とします。
事前分析検査 建設発生土については、事前に土壌分析検査(契約者で費用負担)を実施し、その検査結果により受入れの可否を決定します。
受入処分料 受入要領」によります。
受入面積 城陽市東部丘陵地の面積は、甲子園球場の百倍を超える約420haで、今後も1千万㎥以上の受入れが可能です。長期間の工事や発生土量が大規模な工事にも十分に対応できます。